投稿

引きこもりを過剰に問題視することの問題

神奈川県川崎市で小学生らが多数殺傷された事件の衝撃が冷めやらないうちに、東京都練馬区で中年の引きこもり男性が父親に殺害されるという、連鎖するような事件が起きました。

感覚過敏でもスポーツ観戦を楽しみたい!

発達障害のある人に多く見られる特性の一つに感覚過敏があります。

感覚過敏とは感覚がとても敏感で、生活に大きな不便があることを指します。

自分を傷つける子供たち 自閉症スペクトラムの場合

頭を床や壁にぶつけたり、自分で自分を叩いたり、自分の腕を噛んだり、といった、自分で自分を傷つける行動(自傷行動)をするお子さんがいます。

要因はさまざまですが、自閉症のあるお子さんに見られることもあります。

遅刻しがちな発達障害

発達障害のお子さんの遅刻が治らなくて悩んでいる親御さんは多いと思います。

先を読んで行動するのが苦手で、

2019年サマースクールについて

今年もサマースクールの開始時期が近づいてきました。

人気が高い学校を中心に既に申し込みを締め切っているところが多くなっています。

不登校は問題なのか?

いじめや学業不振、家庭環境など、さまざまな原因から不登校になることがあります。

日本は義務教育ですし、なんとかして学校に行かせようとする親御さんが大半だと思いますが、ホームスクーリングという道があるのをご存知でしょうか。

発達障害 友だち付き合いで悩んだら

発達障害を持っていると、人とのコミュニケーションがうまく取れないことがあり、そもそも話すことができないのではと誤解されることもあるのですが、障害の程度や症状は人さまざまです。

学習障害 悩ましい進路

学習障害(LD)にはディスレクシア(失読症)、ディスグラフィア(書字障害)、ディスカリキュリア(算数障害)があります。いずれの場合も、学校で通常の授業を受ける際はいろいろと苦労することになります。

発達障害とピアノの相性は?

発達障害のお子さんに何か習い事をさせたいというとき、選択肢はさまざまですが、その中の一つにピアノがあるかと思います。

多発する学校の事故

日本の学校ではさまざまな事故が繰り返されています。校舎からの転落や登下校中の自転車事故、部活動中の大けが、運動中の熱中症、体育の跳び箱事故、プールの飛び込み事故など、国が対策を示したにもかかわらず、児童や生徒が命を失ったり、重い障害を負ったりする事故はなくなっていません。