海外全寮制学校への入学交渉

入学願書を提出する学校の選択は、情報が偏っていたり、その情報収集にも限界があるため、個人で進めるのは大変困難です。ですが、欧米の学校では英語が堪能な方がご家族にいらっしゃれば、入学願書の提出その他は個人でも支障なく進めることが可能であるのも事実です。では、個人で進められる留学(入学願書を提出、そして合否が決まるまで)と私たちが行う留学手続きとでは何が違うのでしょう?それは交渉力といえるでしょう。長年の経験から、個人の出願では不合格の場合でも、私たちの交渉により合格通知を手にするケースが多々あるのです。

海外留学を希望しているご本人

例えば 事例として良くあるのが海外留学を希望しているご本人にはまだ、ご自身をアピールできる英語力がありません。
その場合は、(社)加藤永江教育法人研究所が保護者の方の代理となり、面接がある学校には予め面接できるまで指導させて頂きます。その国々で違う文化によるルールやマナーも習得させます。また私共は入学願書、入試がある場合はその指導、現地で面接がある場合はご希望により弊所のスタッフが同行し、その面接や校長先生との面談など保護者の代わりになり入学の合格まで支援します。

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら