スイス留学 LA GARENNE INTERNATIONAL SCHOOL(ラ ガレン インターナショナル スクール)

ラ・ガレンはスイスアルプスの標高1300mの高原に位置する男女共学のボーディングスクールで25か国以上の地域からの生徒を受け入れ、国際人を育てる教育をしています。
4~14歳の低年齢の生徒を対象とした学校で小学生からのスイス留学を考えるときに必ず候補に挙がる学校のひとつです。

イギリス留学 Earlscliffe (アールズクリフ)

この学校は、イングランド南東部のドーバー海峡を臨むフォークストンの町にある男女共学のボーディングスクールで15~19歳の生徒約80名が学んでいます。
大学進学を目標としてA levelを中心としたカリキュラムが提供されており、小規模ながら進学率が高い学校として知られています。

スイス留学 Aigon College(エイグロン・カレッジ)

エイグロンカレッジはジュネーブ空港から90分ほどのヴィラールに1949年に創立された男女共学ボーディンスクールです。
9~18歳の生徒、約350名が学んでいます。

スイス留学 Brillantmont International School (ブリヤモン・インターナショナル・スクール)

1882年創立のBrillantmont International School (ブリヤモン・インターナショナル・スクール)は国際色豊かな男女共学のボーディングスクールで13~18歳の生徒約130人が学んでいます。
スイスの美しい街ローザンヌの中心部に位置しており、大自然の中にありながらもジュネーブ国際空港までは車で40分と立地に恵まれています。

ボーディングスクールとホームスティの費用の差

「子どもを海外留学させたいのだけれどできるだけ費用を抑えたいのですがどうしたらいいですか?」というご相談をよく受けます。

留学費用の面だけからみると例えばスイスやイギリスのボーディングスクールに行くよりニュージーランドの公立校にホームスティしながら通うという選択をすれば当然お費用はかなり抑えられます。

イギリス留学 Rossall School (ロッサル・スクール)

イングランド北西部ランンカシャーの美しい海岸のそばに位置するRossall School の歴史は古く1844年に男子のボーディングスクールとして設立されました。1977年からは共学となり、1995年にインターナショナルスタディセンターを立ち上げて各国から留学生(7~18歳)を受け入れています。

イギリス留学 Culford School(カルフォード・スクール)

Culford School(カルフォード・スクール)はロンドンから車で1時間半ほどのイギリス南東部サフォークにある男女共学のボーディングスクールです。
1881年の創立以来、130年以上にわたって子どもたちの教育を担ってきたこの学校では、3歳から18歳までの生徒が学んでおり、ボーディングは7歳から受け入れています。

イギリス留学 BTECで大学進学

イギリスの大学入学資格として広く知られているのはAレベルですがこの他に職業資格制度であるBTEC(Businessand Technolegy EducationCouncil)もまたイングランド、ウェールズ、北アイルランドの多くの大学において入学適正評価に用いられています。

イギリス留学 Royal Russell School (ロイヤル・ラッセル・スクール)

ロイヤルラッセルスクールは、1853年創立の歴史ある学校で、 ヒースロー空港から約1時間、ロンドン中心部からも30分ほどの交通の便に恵まれたクロイドンという町にあります。
共学のボーディングスクールとして11~18歳の生徒約650名が学んでおり、学業成績をはじめあらゆる面において国内でも高い評価を得ている学校です。

イギリス留学 St.Edmund’s College(セント・エドモンズ・カレッジ)

ロンドン ヒースロー空港から車で約1時間のハートフォードシャーに160ヘクタールの敷地を持つSt.Edmund’s College(セント・エドモンズ・カレッジ)は1568年創設、英国最古のカソリック学校と言われており、併設のプレップスクールの生徒も含めると全校生徒は800人を超えます。