得意な事さがし

発達障害を抱えたお子様が学校に馴染めず精神的に弱っていると感じた時、親はヤキモキし何をしてあげれば良いのか迷います。

発達障害・グレーゾーン

発達障害・グレーゾーンと言うのはお子さんによっては目に見えない障害であり、周囲の理解が得にくいものです。

2020年からの英語教育を控えて

英語力には4技能【聞く、話す、読む、書く】がありますが、幼児・小学生時代に身につけておきたいのはコミュニケーションの基礎として【聞く力】だと聞いたことがあります。幼少期に特に大きく伸びるのがこの力だそうです。

居心地のいい場所

発達障害の子どもに対して大人はどう接してあげればよいのでしょうか。
たとえば、お友達とケンカをしても発達障害をもつ子供は理由を上手く説明出来ません、

自閉症スペクトラムであることが助けに

先日、朝日新聞ニュースで『16歳の環境活動家の素顔』という記事を目にした。
【スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンべリさん(16)は、英議会での演説で40人の議員と100人を超える招待客から総立ちの喝采を受けた。 

感覚過敏 もっと当事者に寄り添う気持ちを

感覚過敏=発達障害というわけではないのですが、発達障害の人の中には感覚過敏の特性を持つ人が多いと言われています。

読書バリアフリー化の動き

先日、視覚障害や発達障害、上肢の障害などがある人の読書環境を整える読書バリアフリー法が衆院本会議で可決、成立しました。

点字図書や音声読み上げに対応した電子書籍の導入といった読書環境の整備を国や地方自治体の責務と定めました。

文字を読むことに困難を感じる人への支援の動きが、日本でもようやく目に見える形で加速してきましたが、法案成立より一足早く既に動き始めた自治体もあります。

熱中症 発達障害は特に注意が必要

地球温暖化に伴い、熱中症の問題が深刻化しています。

これだけ暑いと、誰しもがかかる可能性があり、ニュースなどでも日々注意喚起が行われていますが、特に子供や老人は注意が必要です。

不登校と引きこもりは同じ状態?

似たような印象を抱きがちな、不登校と引きこもりですが、考え方の傾向や悩んでいることが違います。

外出できないという行動面では共通していますが、心理面は異なるのです。

自閉症スペクトラム 食べ方のこだわり

自閉症スペクトラムの特性の一つに強いこだわりがあります。

自分の関心ややり方、ペースを維持することを最優先したいという志向が強く見られ、いつも同じでないと気が済まないという傾向があり、食事の場面でもそれが見られることがよくあります。