発達障害 サマースクール参加のすすめ

先日のブログで不登校のお子さんにサマースクールへの参加をお勧めすると書きましたが注意欠陥多動性障害(ADHD)や学習障害(LD)などの発達障害を抱えるお子さんにもやはりサマースクールはお勧めです。

不登校 サマースクール参加のすすめ

不登校のお子さんの復学や転校以外の選択肢のひとつとしてよく海外留学が挙げられます。不安や悩みの多い日本の学校ではない海外という未知の地で不登校という状況を全く知らない人たちに囲まれて生活することで気持ちが解放され自信を取り戻し自己肯定感が向上することで現状打破が期待できるからだと考えます。

発達障害 学習の手助けツール

4月からの新学期を控え日常生活や学習の場で学習障害(LD)などの発達障害を抱える子どもたちのちょっとした助けになるツールがいろいろあるのをご存知でしょうか。

海外留学 入学直後に多いトラブル

長期留学であれサマースクールなどの短期留学であれやはり入学直後はホームシックと並んで何かとトラブルが起きやすい時期です。そのほとんどが英語力不足による誤解や勝手な思い込みが引き起こすトラブルです。

サマースクール お小遣いについて

海外のサマースクールに参加するにあたりよくある質問のひとつにお小遣いのことがあります。いくらぐらい持たせればよいのか?どのように管理されるのか?などです。

不登校 安全確認作業について

昨今多発している痛ましい子ども虐待の事件を受けて学校を長期欠席しているいわゆる不登校の子どもが虐待を受けていないかの確認作業が進められています。

大学生には短期留学が人気

昨年実施した新聞社と大手進学塾の合同調査によると海外留学した大学生(学部生)のうち60%超が1ケ月未満の短期留学だそうです。2014年度の同様の調査と比べると留学した学生は2万9千人増加、そのうちの6割強に当たる1万8千人余りが短期留学ということです。

発達障害 就職活動について

今日から3月、経団連に加盟する企業の採用説明会が解禁となり、来年春に卒業する大学生の就職活動が本格的に始まります。発達障害を抱える学生が就職活動で苦労するという話は非常に多く耳にします。

発達障害 新学年の課題

まもなくやって来る新学期、4月は進学や進級で新しい学校、新しい学級になったり担任や教科担任、友達関係も変わり子どもたちを取り巻く環境が大きく変化する時期です。

サマースクール ルームメイトについて

ボーディングスクールで開催されるサマースクールでは低学年の場合は3~4名、学年が上がれば2人部屋というプログラムが多くいずれにしてもほとんどが相部屋です。そこで気になるのがルームメイトのこと。