エントリー - user

発達障害 友だち付き合いで悩んだら

発達障害を持っていると、人とのコミュニケーションがうまく取れないことがあり、そもそも話すことができないのではと誤解されることもあるのですが、障害の程度や症状は人さまざまです。

学習障害 悩ましい進路

学習障害(LD)にはディスレクシア(失読症)、ディスグラフィア(書字障害)、ディスカリキュリア(算数障害)があります。いずれの場合も、学校で通常の授業を受ける際はいろいろと苦労することになります。

多発する学校の事故

日本の学校ではさまざまな事故が繰り返されています。校舎からの転落や登下校中の自転車事故、部活動中の大けが、運動中の熱中症、体育の跳び箱事故、プールの飛び込み事故など、国が対策を示したにもかかわらず、児童や生徒が命を失ったり、重い障害を負ったりする事故はなくなっていません。

発達障害と過集中

過集中とは文字通り過度に集中した状態を指します。集中すること自体はいいのですが、極度に集中状態が続くと心身に影響が出てしまうことがあります。

発達障害とスポーツ 個人競技の場合

先日同じタイトルで、野球を楽しんでいる発達障害のお子さんがいるというお話をしましたが、一般的には発達障害を抱えるお子さんは団体競技には向いていないとされることが多いと思います。

場面緘黙のサポート

場面緘黙(ばめんかんもく)という症状をご存知でしょうか。不安症のひとつに分類されており、「他の状況で話しているにもかかわらず、話すことが期待されている特定の社会状況(例:学校)において話すことが一貫してできない」ことが診断の条件となっています。