学習障害児(LD)、発達障害児に海外留学という選択を

学習障害(Learning Disabilities, LD)のあるお子様についてお悩みを抱えられているみなさま、日本ではまだまだ認識が薄い学習障害(LD)、日本ではハンディキャップと捉えられてしまうことであっても、海外では特殊な才能を持つ子供として認められ、世有名校をはじめ世界中の学校が積極的な受け入れプログラムを用意しております。生徒1名に先生2名が担当し、情緒的・行動的学習障害者を教育する特殊な全寮制学校(ボーディングスクール)もございます。また、身体的に多少のハンディを持っていたとしても、主治医の許可があり、学校が責任を持てると判断した場合には、入学が可能なこともあります。ぜひ一度、私たちにご相談ください。

不登校児に海外で活躍の場を

現在の日本では不登校児や予備軍が数十万人とも言われています。不登校の原因はその子供が学校で置かれている環境、また状況などにより様々ですが、不登校に陥ってしまった生徒の中には、海外に彼らの活躍の場を変え、伸び伸びと学生生活を過ごし、そして無事に大学へ進学している人も少なくありません。

不登校児・学習障害児のための海外留学について、詳しくはこちらをご覧ください。不登校 – 学習障害

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら