この年末年始に海外に出かけられた方もたくさんいらっしゃると思いますがその時に必ず必要なパスポート、この日本のパスポートが昨年2018年の国際比較において査証(ビザ)なしで訪問できる国と地域が190と初めて世界のトップになったと話題になりました。

これは日本人の海外における犯罪や不法滞在の少なさによるパスポートの信頼の高さが大きな要因になっているようです。

もちろん渡航の目的や期間によってそれぞれの国や地域で規定があり例えばイギリスに6ケ月以上留学をする場合基本的に学生ビザの取得が必要になり弊所からイギリス留学される生徒さんはサマースクールを除いてそのほとんどが対象となります。

イギリスの査証(ビザ)申請は非常に煩雑であることが知られていますが学生ビザもその例外ではありません。その中においても日本国籍保持者の場合は一部の書類の提出を免除されるなど(後日求められた場合は提出しなければなりませんが)の優遇措置があります。

ただイギリスの学生ビザに関しては2015年4月からナショナルヘルスサービス(NHS)への加入の義務付けや渡航後に現地で改めてRESIDENCE PERMITカード(滞在許可証)を取得するといった大きな変更から以前は必須だった顔写真が不要になるなどの小さな変更まで常に申請手続きの内容が更新されるので注意が必要です。

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら