発達障害の子どもに対して大人はどう接してあげればよいのでしょうか。

たとえば、お友達とケンカをしても発達障害をもつ子供は理由を上手く説明出来ません、そのような時は大人が話を聞き、一緒に理解する事が大切です。
特に親は子供の一番の理解者であり、時には歩きやすい道をつくっていく先導者でもあります。
子供が一番いい表情をしている時、一番リラックスしている場所を感じ取り、一つでも心地よい場所を見つけて行く事が必要ではないでしょうか。

「海外の学校での体験が私を変えてくれました」と口にするお子さんの話を聞いた事があります。
日本で違和感のある日常を送っていても、そこに行けば生き返り前向きな気持ちになれると。
まずはお子様にボーディングスクールよりも垣根の低いサマースクールでの海外生活を体験させてみるのは如何でしょうか。のびのびと日本では感じる事が出来なかった毎日を過ごす機会を!

この体験で将来の選択肢が広がっていくことを願い、子供の少しでも多くの笑顔を見られたら幸せだと感じます。

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら