不登校児は、その名の通り、不登校児は、その名の通り、学校に行けないお子さんです。何らかの発達障害を掛かえる、お子さんは二次障害として、結果、学校に行きたがらなくなります。その具体策を考えましょう学校に行けないお子さんです。何らかの発達障害を掛かえる、お子さんは二次障害として、結果、学校に行きたがらなくなります。その具体策を考えましょう最初に周囲に気を付けて頂きたいのは「強い励ましは、かえって萎縮させてしまいます」と言う事です。もちろん良かれと思い励ましや激励などされるのは痛いほど理解できます。ですが励まし方とタイミングが何よりも肝心である事は間違いなく御自身のペースを乱して反発してしまいます。それは、保護者様方の目的が「立ち直り」を優先に行動、言動を優先させてるからでしょう。周囲の期待だけを伝えるだけの言葉は、子供達には届きません。御本人の希望を良く理解した上で、それに沿った励まし合い方を心がけていきましょう。一番してはいけないのは先を見過ぎて励ましをする事です。それは負担ばかりではなく急ぎの余り、お子さんが適応できません。小さいところ、「外出できて良かった。」「無理しないで」。のように少しずつ始めていく方が有益だと思います。

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら