ボーディングスクール

小学生 中学生 高校生からの未来を育む海外留学

お問い合わせ

ボーディングスクールとは

ボーディングスクール(海外全寮制学校)は、規律や教養を身につけ、自立を促す教育のみならず、将来、国を担うエリートの育成の場であり、卒業生の多くは世界各国の一流大学へ進学しています。

発達障害児の留学

発達障害をもったお子さんは日本では周囲から認めてもらえないケースが殆どです。欧米諸国では差別なくひとつの個性として認められます。是非、海外留学という選択を。

加藤永江教育研究所とは

教育、心理、医療の各方面から海外留学をご希望されるお子さんを支援いたします。また、不登校のお子さんや発達障害のお子さんの海外留学の支援も承ります

学年・目的別

学年別のボーディングスクール(海外全寮制留学)

小学生からの海外留学

近年、小学生からの海外留学が注目を集めています。実際に(社)加藤永江教育研究所から海外留学されるお子さんも数年前と比べ右上がりとなっています。 理由として考えられるのは、1つにはアジア諸国の中でも残念ながら日本人のお子さんの英語力は、かなり遅れている事実や、英語力は今後自立していくお子さんにとって不可欠であること。

詳しくはこちら。

中学生からの海外留学

中学生からの海外留学は年々増える傾向にあります。国際化社会が進む中、英語力や国際感覚がより必要とされる日本社会にとって、多感な時期でもある中学生の頃に海外の全寮制学校で学ぶということは、お子様にとって大きな財産となることでしょう。

詳しくはこちら。

高校からの海外留学

英語圏の全寮制学校の全てで日本からの高校生の留学生を受け入れています。海外全寮制学校(ボーディングスクール)の主な受け入れ先としてはスイス、イギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどが挙げられます。

詳しくはこちら

高校からの海外留学

公立校は本来、自国の学生を対象としていますが、国によっては留学生を受け入れている学校もあります。主に受け入れを行っている国は以下の通りです。

詳しくはこちら

国際バカロレア資格取得

国際バカロレアは教育プログラムの水準の高さ、また資格取得者の大学入学の実績からも世界トップレベルと呼ばれています。

詳しくはこちら

サマースクール

サマースクールは世界中から集まる仲間と共にひと夏を過ごしながら子供たちの才能を伸ばしすことができる絶好のチャンスです。今後の日本での教育では英語は欠かせません。その為に現地で英語を学ぶのも選択肢ですし長期留学の為の体験としても良いでしょう。

詳しくはこちら

国別

国別のボーディングスクール(海外全寮制学校)

スイス留学

スイスのボーディングスクール,全寮制学校への留学国際色豊かな永世中立国スイスには学校の数は少なくとも日本人も含め世界各国からスイスで学びます。

詳しくはこちら。

イギリス留学

イギリスのボーディングスクール全寮制学校の留学イギリスの法律で定められた法定代理人という他国にはないシステムでイギリスの文化の下に学びます。ボーデlングスクールの発祥地だけにその学校の校風や内容は専門家にしか理解できないでしょう。

詳しくはこちら。

ニュージーランド留学

ニュージーランドへの留学通学(ホームステイ)が主になると思います。ですがニュージーランドにも幾つか素晴らしいボーディングスクールもあります。学費は英語圏の留学のなかでは一番押さえていると思います。

詳しくはこちら

アメリカ留学

富裕層の多くがボーディングスクール,全寮制の学校で学びます。英語の付属クラスはありますが敷居が高く入学に求めらえる要項も多いのでまずは敷居の低い学校、国からの転校が良いでしょう。

詳しくはこちら

カナダ留学

カナダのボーディングスクール全寮制学校留学カナダの所在しているボーディングスクールはアメリカと比べ少なく、また高い教育制度でも知られています。入試があるので,必要最低限の英語力が必要になります。

詳しくはこちら

ヨーロッパ諸国

その他EU諸国の全寮制学校への留学ヨーロッパ諸国には英語で履修できる素晴らしいボーディングスクールは多数あります。その殆どは観光地などからさほど遠くなく、また設備、管理も素晴らしいです。学費もかなり抑えられています。安全面も心配ありません。

詳しくはこちら

BLOG

日々のブログ

夏休み明けの不登校

夏休み明けの9月は5月と並んで不登校になることが多い時期と言われています。

長いお休みの間に学校へ行って授業を受けたり友達と交わったりする習慣が途切れ学校に行くことが億劫になる、負担になるというのが理由のひとつです。

サマースクールで成長!

この夏、カナダのAppleby Collegeのサマースクールに参加したNちゃん(14歳)のお母様からサマースクールでの様子や帰国後の変化についてご報告をいただきました。

夏休み明けの不登校.ボーディングスクールでリセット

長い様な短い様な夏休みがもう少しで終わろうとしています。受験を控えたお子さんは夏休みなんてきっとなかった事でしょう。お盆や夏祭りは外国人のお子さんからみたらビックリの日本ならではの風習ですが長期間ゆっくり休むのが当たり前の海外のお子さんにとってはやれ塾や夏期講習やらで肝心な休みがあってないような日本の夏休みにもきっと驚くことでしょう。

News

お知らせ

スイス留学 LA GARENNE INTERNATIONAL SCHOOL(ラ ガレン インターナショナル スクール)

ラ・ガレンはスイスアルプスの標高1300mの高原に位置する男女共学のボーディングスクールで25か国以上の地域からの生徒を受け入れ、国際人を育てる教育をしています。
4~14歳の低年齢の生徒を対象とした学校で小学生からのスイス留学を考えるときに必ず候補に挙がる学校のひとつです。

イギリス留学 Earlscliffe (アールズクリフ)

この学校は、イングランド南東部のドーバー海峡を臨むフォークストンの町にある男女共学のボーディングスクールで15~19歳の生徒約80名が学んでいます。
大学進学を目標としてA levelを中心としたカリキュラムが提供されており、小規模ながら進学率が高い学校として知られています。

スイス留学 Aigon College(エイグロン・カレッジ)

エイグロンカレッジはジュネーブ空港から90分ほどのヴィラールに1949年に創立された男女共学ボーディンスクールです。
9~18歳の生徒、約350名が学んでいます。

ご留学をお考えの方、まずは私たちにご相談ください。
お問い合わせはこちら